酵素洗顔の効果と使用上の注意点

基礎化粧品のひとつである洗顔料にも様々な種類のものがあります。その中のひとつに、酵素洗顔があります。洗顔料に配合されている酵素は、たんぱく質を分解するものであることが一般的で、角質などを除去する効果があるとされています。

古くなった角質は通常自然に剥がれ落ちるものですが、ターンオーバーに乱れが生じると古い角質が上手く剥がれ落ちず残ったままになることがあります。
古くなった角質が肌に残っていると、肌がゴワゴワと硬くなりシワなどの原因になったり、透明感がなくなったりします。

また化粧水や美容液などが肌に浸透しにくくなり、さらに肌の状態が悪くなるという悪循環を招きます。そこで、古い角質を除去する効果の高い酵素洗顔です。古い角質を取り除くことによって、毛穴に詰まった汚れをすっきり落とすことも出来ます。

また酵素には、皮脂を分解する働きもあり、その後に使用するスキンケア化粧品の有効成分を肌にしっかり浸透させる効果も高まると言うメリットもあります。

但し、酵素洗顔は使用頻度が高いと、却って肌に負担を掛けてしまうこともあります。一般的には酵素洗顔は、3日に1度位のペースでの使用で十分であるとされており、自分の肌の状態を見ながら適度な間隔をあけながら行なうとよいでしょう。

特に敏感肌や肌の弱い人は、先ずパッチテストをして肌の反応を見ながら使用するようにすることを心掛けたいものです。