酵素のとりすぎは副作用が出るのか

近年では酵素製品を用いた体質改善やダイエットが注目されており、身体への負担を抑えつつ健康的な状態で痩せられるとして有効な手段となっています。

一般的に酵素はとりすぎによる副作用が存在していない成分で、元々体内でも生成されている事から安心して摂取が可能です。

しかし、酵素製品を導入したばかりの初期段階においてとりすぎの状態に陥ると、一時的とはいえ体調を崩してしまう危険性が存在する点には注意が必要と言えます。酵素は全身の基礎代謝を高めると同時に、消化器系全般の活動を活性化させる効力を持つ為、酵素不足が原因で腸内環境の悪化を招いている状況においては、とりすぎると急激な変化が生じる結果となります。

これらは好転反応と呼ばれる激しい変化であり、消化を助けて便秘を改善する効果が期待できる一方で、便が柔らかくなったり腹痛や下痢の症状を引き起こす可能性が考えられ、とりすぎに警戒しておかないと体調を悪化させる原因となってしまいます。

また、基本的に好転反応は体質が改善されてくると同時に治まっていきますが、日常生活へ支障が出るほどの強い症状を起こしている場合は、一旦摂取量を減らして様子をみる選択肢も大切と言えます。