栄養学における酵素の役割について

酵素は人間にとってなくてはならないものとして今日多くの媒体で紹介されているところですが、栄養学的に見たら酵素自体は人間の体の中で栄養分を分解する働きを持つ一種の媒介にしかすぎず、それの具体的な効能は未だ細かくは解明されていないというのが現時点での見解であるのです。

酵素は人間が必ず取らなければならない、むしろ毎日人間が無意識に摂取している成分ではありますが、栄養学的に見たらそれら一連の流れも疑問に感じざるを得ないのです。

というのは酵素は発見されてから間もなく、酵素についての研究がまだ主体的におこなわれていない事実もあってか栄養学的観点からみればまだ実質的な調査が不十分であるという見解が出てくるのです。
もちろん酵素を全面的に否定しているわけではないですが、あくまでも栄養学の面ではこうした不備が多々見られているということです。

酵素は栄養分を分解するために必要とされているので摂取を心がけるのは決して悪いことではありません。過熱をすればその効果は半減するのは確実ですし、栄養学でもそうした効能は明らかにされています。しかし栄養学においてはこれらのような性質を解明できる余地はまだ持っておらず未だ判然としていないのが現状です。